キトコートシリーズ

縮毛矯正専門店開発のサロン専用処理剤

基本の使用方法

■使用方法1(ある程度くし通りが良い髪)

  
① 1剤シャンプー後、寝たままの状態で施術を行います。
 
② シャンプー台に栓をして2~3センチ程度のお湯を溜めます。 
③ キトコートB- を1~2プッシュ溶かして、髪の毛全体に手ですくって掛けます。 
④ 一度栓を抜きます。(一度アニオンにしてインバスやBの乗りを良くします)
 
⑤ シャンプー台に栓をして再び2~3センチ程度のお湯を溜めます。 
⑥ インバストリートメント を1プッシュ溶かして、全体に掛けコーミングします。 
⑦ 一度栓を抜きます。
  
(①~⑦、ここまででA+Bを乗せやすい滑りの良いベースを作ります)
 
⑧ キトコートA+ をアプリケータに4~6プッシュ入れ、100ml程度のお湯で溶かし毛先から表面に掛けてコーミングします。(2回に分けて塗布すると馴染みやすいです)
   
⑨ キトコートB- をアプリケータに2~3プッシュ入れ、100ml程度のお湯で溶かし毛先から表面に掛けて塗布して良く揉み込んでなじませます。
 
⑩ 2~3分待ちます。手触りが締まっている事を確認します。
⑪ そのまま流さないで、顔周りだけ軽くタオルで抑えて、セット面へ
 
(⑧~⑪、ここまでで薄いコンプレックスのベースを作ります)
  
⑫ CSオイル又はキトシトを全体にしっかりスプレーしてコーミング、2~3分置きタオルドライしてからブローします。
 
(⑫、オイルを巻き込んでコンプレックスを安定させます)
 
※アプリケータ(140ml程度)での使用がオススメです。こちらのNo2など。
※2剤後は使い方3(Bインバス)を行ってから、セット面でシトリンで仕上げます。
※ダメージが大きい場合は2剤流し後にも行っても大丈夫です。